インタビューアー:この度は内定おめでとうございます!
内定者:ありがとうございます!


インタビューアー:終わってみて全般的な感想を聞かせてください。
内定者:解放感ですね(笑)。やっとゆっくり寝られます。


インタビューアー:そうですよね(笑)。選考はどうでしたか?
内定者:1次と2次がありました。2次が最終でした。最終は正直、手ごたえはなかったので不安でしたが、内定の連絡をいただきました!


インタビューアー:何を聞かれましたか?
内定者:私は趣味とかしか聞かれなかったのですが、同じグループの方がエアラインの方だったので「どうして?」というようなことを聞かれて、私は終わった…と思いました。 どちらかというと1次の方が、面接らしい面接というか、先生とやった内容がそのままでた、というような印象でした。最終は面接というより…会話のような感じでした。何を見られてたんでしょうね(笑)


インタビューアー: いやいや、しっかり見られてたと思いますよ。新卒と既卒との違いはどう感じましたか?
内定者:何でしょう…話し方とかですかね。即戦力を求められているように感じました。


インタビューアー:具体的に既卒の対策は何をしましたか?
内定者:今まで培ってきたこと、経験をどう生かせるか、それをしっかり伝えられるか。 それはしっかりつめました。


 インタビューアー:就活.salon以外のエアラインスクールは見ましたか?
内定者:はい。見に行きました。でもスケジュールがガチガチに決められていて、仕事しながらではちょっと…という感じでした。 そして、相談会に来た時に、対応して下さった先生がとてもCAっぽくて「この人に教わりたい!」と思ったのが決め手でした。


 インタビューアー:嬉しいですね。担当の講師の先生も喜びます。では実際、カリキュラムはどうでしたか?
内定者:私はエピソード作り、自己分析、面接練習などの中でも特に、面接練習では、矢継ぎ早の質問が私にはよかったと思います。普段、自分のことをそんなに考えることもないですし、人にそんなに突っ込まれることもないので、脇汗が毎回すごかったです(笑)。 自己分析は幼いころからの話を書いていったのは初めてだったので、…いいことばっかり書こうとしちゃうところを、突っ込まれることで色々出てきたりもしたので、そういう点が良かったです。


 インタビューアー:一番ためになったことは何ですか?
内定者: 直前の面接練習はよかったです。最初の面接練習のことも後々の面接で聞かれたりもしたので、聞かれることはやはり同じなのかな、と思いました。 私はプレッシャーに弱いので、面接練習でめちゃめちゃ圧をかけられるのはとてもためになりました。


インタビューアー: 就活.Salonの感想は?
内定者: 良い感じに放っておいていただけるのが、「やらなければ」というプレッシャーになりました。 色々教えて頂くのですが、その前にやっていかなければいけないこともあって、ちゃんとやっていかないと!という無言の圧が私には良かったです。


 インタビューアー:既卒で自分だけで対策するのは難しいですか?
内定者: 学生の時は先生に聞いたり、親や友達に聞いたり、面接練習もしてもらいやすい環境でしたが、社会人になると周りのみんなはもう働いていて、「これでやっていく!」という空気の中で、誰かに聞いたりとかは難しかったので頼れる、というはとても大きかったです。


インタビューアー: ありがとうございます。周りの皆さんも喜んでいらっしゃいますか。
内定者:はい両親もとても喜んでくれていて、会社のみんなからもお祝いの言葉をもらいました。 本当にありがとうございました。


インタビューアー:本当におめでとうございました。
内定者:はい!ありがとうございました。