インタビューアー: この度は、内定おめでとうございます
内定者: ありがとうございます!ca3.jpg

インタビューアー:全体を通しての感想をお聞かせください
内定者:大変なことも多かったのですが、最終的に内定をもらえて本当によかったです。

インタビューアー:客室乗務職の採用の流れはどうでしたか
内定者:4月にESの提出、5月中旬に書類の通知が来て、6月から面接がありました。
一次が4人の集団面接で、二次/三次は個人面接でした。

インタビューアー: 一次から最終、それぞれの面接の印象はどうでしたか?何をチェックされていたと思いますか?
内定者:一次面接は第一印象というか、集団の中での印象が大きかったと思います。
二次、三次は個人の話や経験を深堀りされたので、個人をすごくよく見てくださってるのかな、と思いました。


インタビューアー:OG訪問はされましたか?
内定者:はい、しました。部活の先輩でA社のCAの方がいたので話を聞きました。
具体的には仕事の流れや休みの話、他社と比べていいとこと等、自分で用意してきた質問を尋ねました。

インタビューアー:企業研究はどのようにしましたか?
内定者:HP、A社の本、親戚にA社のCAの方がいたので、話を聞きました。本は書店で内容を見て買いました。
企業研究で難しいと思ったことは、面接で会社の悪いところ(弱み、改善点)を聞かれると聞いていたので、マイナスの部分を探すのが大変でした。
良いところはすぐに見つかるのですが、悪いところは見つけにくかったので、実際にその航空会社をよく使っている友人に聞いた方がいいと思い、第三者の意見も聞きました。

インタビューアー:SPI対策は必要だと感じましたか?
内定者:一般的な本で対策しました。解禁になってからは忙しくてできなかったので、実質年始からの2か月しかできませんでした。しかし、SPI対策本を普通にやっていれば大丈夫だと思います。

インタビューアー:CAになるには何が必要だと思いますか?
内定者:第一印象は一次面接で見られると思いますが、それよりは二次/三次にいった時に、自分のことや、自分の考えというのを印象に残るような言葉で言えたのが良かったと思います。
自己分析は日々ちょっとずつやっていて、面接の度、終わるごとに振り返ったりしていました。


インタビューアー:では、就活塾についてお伺いします。就活.salonを選んだきっかけは?
内定者:当初、他の就活塾に通っていて、その頃はエアラインだけでなく他の企業も考えていました。
その中で、エアラインのインターンに応募しようと決めた時、
その塾では、エアラインのESを見てもうことはできたのですが、エアライン専属の先生がいるわけではないので、
「いいんじゃない?」と言われて提出。でも、結局インターンのESは通りませんでした。ca3-2.jpg

なので、エアラインはそれ用の対策が必要なんだと思いました
ESがなかなか通過しない状況になってはじめて、本気でエアライン対策を考え始め、エアラインの対策はそこではできないと思い、他のスクールを考え始めました。

その時はすで違うところに入塾していたので、少しでも費用を安く抑えて、短期間で対策できるところが良いと思い、就活.salonを選びました。
エアライン内定に必要なことを集中的に学べることと、あと、少人数制のレッスンをして頂けることも魅力的でした。

インタビューアー:前の就活塾では、どのようなことを学ばれてましたか?
内定者:三年の夏から行ったのですが、そこではESの書き方、グループディスカッションや集団面接のみです。エアラインに特化した対策はなかったです。

インタビューアー:実際に学んだことを発揮できた場面はありましたか?
内定者:はい。面接練習の時に突然、思いもよらないことを言われたりすることもあったのですが、「とりあえず笑顔で何か話をつなげるように」と言われていたので、それを本番面接でも実践し続けました。

インタビューアー:志望動機はどのように対策しましたか?
内定者:最初は、他にたくさん送られてくるESの中で目立つようにとか、インパクトのあるエピソードがいいんじゃないかと考えていたのですが、
ここのレッスンで教えていただいたポイントを押さえること。をとにかく意識しました。
コンピテンシーの考え方は本当に役に立ちました。
その上で、最終的には、自分がその会社で何をしたいのか、何を実現したいのか。自分の内なる声に耳を傾け、自分としっかり対話して見つけたことを書きました。その方が、相手には気持ちが伝わるんじゃないかと思って…。その中でインパクトのある書き方を工夫しました。

インタビューアー:なるほど。では、就活.salonをうまく使うコツは?
内定者:ES添削会など通常のレッスン以外で開催されるものがあれば、たとえ自分に必要性がないと思ったとしても参加したら良いと思います。
他の人が受けた指摘を見聞きして、勉強になることもありますし、同じエアラインを目指す人と話をすることでモチベーションも上がりました。志望するエアラインはすべてES添削してもらえましたし。

インタビューアー:最後に、エアラインを目指している後輩の方にアドバイスはありますか?
内定者:私は就活を始める前やここに来る前は、エアラインって特殊で無理かな、と正直思っていたのですが、就活.salonに来てポイントを教えてもらうだけで全然違いました。
ここに来て、エアラインを目指している人の中に入ると頑張ってみよう!と思えたので、ぜひ皆さんも頑張ってほしいと思います。
hankati.jpg
インタビューアー:この度は本当におめでとうございました。
スタッフより、お祝いの気持ちを込めて、イニシャル入りのハンカチをプレゼントさせていただきます。よろしければお使いください。
内定者:嬉しいです!ありがとうございます。先生たちのお陰です。本当にお世話になりました。